読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なななう

なうじゃないなう

SEVENTEENにハマった2016年1月23日~24日の日記

SEVENTEEN アイドル K-POP

twilogに残っていなかったので、ここにはっつけておきます。

スピード感がすごいな。

私自身しか興味のない記録ですが、自分メモ……

2016年1月23日深夜~


きっかけ





ジャニーズWESTにやってほしい」が第一印象だったことがわかる。
この数分前までジャニーズ楽曲大賞2015に沸き立ってたもんね。

初見から振付の揃い具合と、わちゃわちゃ要素の両立に感動してる。




釜山でのファンイベントのついでに撮影したっぽい。




そんなことを言っていた時期が私にもありました。




浜辺での「パートスイッチver」を見た後に「練習室動画」を見ている。
本来なら見る順番が逆である。






「あっ!きんっ!だっ!」のサビのキャッチ―さ




初見から2時間後にすでにコンサートに行きたいと口走っている。
(ついに行けるぞ! 2016年8月9日の私より)



ここではじめて「MANSAE」について言及。
って、また「パートスイッチver」からなのか。どんだけ「パートスイッチver」がツボだったんだ。


2016年1月24日昼~


カロさんの宣伝がダイレクトに効いてる
カロリーと糖質70%オフ(当社比) on Twitter: "@7_fukaあともし振り付けのユニークさがお好きでしたらこちらの曲もオススメです!(セカンドシングル) "[Dance Practice] SEVENTEEN(세븐틴) - 만세(MANSAE) - HIDE ver." https://t.co/sD0ectPbhM"
カロリーと糖質70%オフ(当社比) on Twitter: "何回見ても「その手があったか!」って言いたくなる。人数多いグループは今すぐこれやろう!"[Dance Practice] SEVENTEEN(세븐틴) - 만세(MANSAE) - SEEK ver." を YouTube で見る https://t.co/xdvBqUKH1f"




ウジたんのことが気になりだした様子。





わからない




ハロヲタ時代からダンスショットverが好きなのは変わらない。




ホシくん天才




ジョンハンぱいせんを見せ場に持ってくるの大正解。センターに躍り出る振付に躍動感があるのもいい。
SEVENTEENの入口、ジョンハンぱいせん




神ちゃん(ウジ)って笑。




ジョンハンがセンターに躍り出る振付の躍動感な(既出 2度目)




ちなみにSEVENTEENはメンバー全員が小指に指輪を付けている。
グループ結成時に社長から贈られた特別な指輪。
この親指指輪はおそらく関係ない。




アッキンダの振付にとにかくはまっていたらしい1日でした。

SEVENTEENにはまりました

SEVENTEEN アイドル K-POP

突然ですが、K-POPにはまりました。

SEVENTEEN」という韓国のアイドルグループに。




そう、出会いは突然でした。


あれは、2016年1月23日の深夜。
私は、twitterで発表されていく「ジャニーズ楽曲大賞2015」に盛り上がっていました。

投票したジャニーズWEST「PARTY MANIACS」4位受賞に気持ちが沸き立ち、
タイムラインに流れてくる皆さんのいきいきとした語りを眺めて楽しんでいました。

はー、2015年いい曲いっぱいあったね。2016年も楽しみだね。
そんなことを思って寝ようとしたその時、
ふと、こんなつぶやきが目に入りました。



これを再生してしまったのが、すべての始まりでした。


浜辺で踊る男の子たち。
メンバーも言葉もまったくわからない中で、伝わってくるのは男子のわちゃわちゃ感。


ああ、これ見覚えあるなあ。
ジャニーズWESTの好きなところもこういうところなんだよね。
ダンスと歌の合間にメンバー同士のわちゃわちゃした遊びを入れてくる。
「がちっ」と踊るところと「わちゃっ」と遊ぶところのバランスが好きではまったなあ。


うんうん「ヲタが好きそうな絵」ってのは本当だ。


それにしてもこれ、右下の小窓が本当のMVなのかな?
好きな感じの曲だから、ほかの映像も見てみよっかな……



……と、気軽な気持ちで検索してしまったのが運のつき。

あれよあれよという間に次の映像をクリックしつづけ、
気づけば、窓の外から小鳥の鳴き声が聞こえる時刻。

さっき知ったばかりのアイドルの映像を見続けて徹夜です。


なんてこったい。出会いはいつも予期できない。


それからの私のハマりっぷりは、ちょっと自分でも驚くほどです。
寝ても覚めてもSEVENTEEN一色で、ひたすら映像を検索する日々。

13人なんて多過ぎ(笑)、ハマるわけない、
そんなことを言っていた時期が私にもありました。

それが今やメンバー全員をするっと覚え、
それぞれの関係性を愛でるまでになっているのですから、
人生何が起こるかわかりません。



なぜ、そんなにはまってしまったのか?

ちょびっとだけそれを書きとめておきたいと思います。


MVのバリエーションが豊富

私がSEVENTEENにハマった理由として、
振付がユニークなこと、楽曲がさわやかなこと、パフォーマンスのレベルが高いこと、メンバーの魅力、etc……
あげていくとキリがありませんが、
それらの「好き」ポイントを見つけるきっかけとして、
やはり映像の豊富さがカギでした。

それも、公式がアップしているMVの豊富さです。



例えば、1stシングル*1「Adore U(アッキンダ)」の場合、
以下の7種類がyoutubeの公式アカウントで公開されています↓

(2)Dance + Mashup Ver:MVからダンスショットを中心に編集したもの


[Special Video] SEVENTEEN(세븐틴) - 아낀다(Adore U) - Dance + Mashup Ver.

(3)練習室動画 その1:カメラが寄ってくれる「Follow Me Ver.」


[Dance Practice] SEVENTEEN(세븐틴) -'아낀다(Adore U) - 'Follow Me' Ver.

(4)練習室動画 その2:カメラが引きで固定の「Fixed Cam Ver.」


[Dance Practice] SEVENTEEN(세븐틴) - '아낀다(Adore U) - 'Fixed Cam' Ver.

(5)Part Switch Ver.:メンバーがパートを交換するお遊びMV


[Special Video] SEVENTEEN(세븐틴) - 아낀다(Adore U) - Part Switch Ver.

(6)Acoustic Ver.:ボーカルチーム(5人)によるアレンジ


[Special Video] SEVENTEEN - 아낀다 (Adore U) Acoustic Ver.

日本語字幕がついたものもどうぞ
youtu.be

(7)Performance Ver.:ダンスチーム(4人)によるアレンジ


[Special Video] SEVENTEEN - 아낀다 (Adore U) Performance Ver.


ちなみに公式がアルバムごとにまとめてる再生リストはこちら
SEVENTEEN 1st Mini Album [17 CARAT] - YouTube



どうです、1曲でこのバリエーションの豊富さ!
そんでもって、ひとつひとつの満足度が高い!!

すべての映像について、その魅力をこまごまと語りたくなってしまうのですが、
私がハマったのは特にこの2つ↓
(3)Follow Me Ver.
(5)Part Switch Ver.


この2つをどれだけくり返し眺めたことか!


(3)「Follow Me Ver.」はメンバーの顔を覚えるのにぴったりでした。
[Dance Practice] SEVENTEEN(세븐틴) -'아낀다(Adore U) - 'Follow Me' Ver. - YouTube

パートごとに見せ場のメンバーに寄ってくれるので
各メンバーの魅力がいちばんわかりやすかったんですよね。

振付の面白さをいちばん最初に堪能できたのも、この動画のおかげ。

「このパートでこのメンバーがセンターに躍り出るのがいいね!」とか、
「このメンバーがこういう表情を見せるためのこの振付!」とか。

初心者の私には本当にうってつけの動画でした。


そして、「練習室動画」と呼ぶにはあまりにもきれいなカメラワーク。
こんなになめらかに寄ったり引いたり…
練習の合間に撮ったおまけ動画ですよ、というレベルではないですよねぇ……



そして、私がこのグループに気づくきっかけとなった(5)Part Switch Ver.
[Special Video] SEVENTEEN(세븐틴) - 아낀다(Adore U) - Part Switch Ver. - YouTube

これまでいろいろなグループアイドルのヲタクをやっていたからなのかもしれませんが、
「メンバー同士がパートを奪い合う」という企画がもうツボなんですよ!!

パートを奪ったメンバーがドヤ顔でそのメンバーをマネてたり、
パートを奪われたメンバーが不満顔をしていたり。

そういうお遊びをライブや舞台裏映像で見たりすることはありましたが、
それをMVにしたのか!と驚きました。

しかもパートが変わっても成り立つようにフォーメーションをアレンジしている。
13人のフォーメーションですよ。遊んでるように見えて手が込んでるぅぅ。



あ、フォーメーションを観察するなら(4)Fixed Cam Ver.もおすすめです。
[Dance Practice] SEVENTEEN(세븐틴) - '아낀다(Adore U) - 'Fixed Cam' Ver. - YouTube


これは本編の前後に、深夜に及ぶ練習でハイになったメンバーの映像を入れてきてるんですよ。
これもまたアイドル好きにはたまらない……。

もーーヲタクの好きなものをことごとくつついてくる運営だこと!



こんな感じで、新曲をリリースするごとに、
あの手この手でヲタクのツボをついた映像を用意してくれるSEVENTEEN


2曲目~4曲目はこんな感じのMVがあがっています↓

2nd*2「MANSAE(マンセ)」

(1)MV
 [M/V] SEVENTEEN(세븐틴) - 만세(MANSAE) - YouTube
(2)MV別カット Performance + Behind cut Ver.
 https://youtu.be/NJoZbXfvTVI?list=PLk_UmMfvZDx2GprU3FzJNGwnr-4Z6AEMS
(3)練習室動画 Follow Me Ver.(寄りカメラ)
 https://youtu.be/t2W-gi7J_44?list=PLk_UmMfvZDx2GprU3FzJNGwnr-4Z6AEMS
(4)練習室動画 HIDE Ver.(固定カメラ・正面)
 https://youtu.be/_gDYkYIApNQ?list=PLk_UmMfvZDx2GprU3FzJNGwnr-4Z6AEMS
(5)練習室動画 SEEK Ver.(固定カメラ・背面)
 https://youtu.be/Lh6I4k5rYM4?list=PLk_UmMfvZDx2GprU3FzJNGwnr-4Z6AEMS
(6)Part Switch Ver.
 https://youtu.be/O1c4Z6wnvW4?list=PLk_UmMfvZDx2GprU3FzJNGwnr-4Z6AEMS

※再生リストSEVENTEEN 2nd Mini Album [BOYS BE] - YouTube

ここで特筆したいのは、(5)SEEK Ver.
youtu.be
「この手があったかー!」と驚いた企画。
後ろ側から撮った映像を公開するという大胆さにびっくりしたものの、
13人という大人数の凝ったフォーメーションは背面から見るとより面白いし、
後ろに設置されたカメラに向けて遊ぶメンバーがかわいい。
ジャニーズWESTあたりにマネしてほしい。

(6)のPart Switch Ver.も必見。
youtu.be
ロケーションと衣装が学園ドラマ風にしてあって手が込んでる!


3rd*3「Pretty U(プリティーユー/イエップダ)」

(1)MV
 [M/V] SEVENTEEN(세븐틴) - 예쁘다 (Pretty U) - YouTube
(2)練習室動画 Dear Carat Ver.(寄りカメラ)
 https://youtu.be/046_3Bu3iAA?list=PLk_UmMfvZDx0lIPNHNUOvVhhtR6uQAxbk
(3)練習室動画 LOVE Ver. (引きカメラ・正面)
 https://youtu.be/TpHfh9VUOek?list=PLk_UmMfvZDx0lIPNHNUOvVhhtR6uQAxbk
(4)練習室動画 LETTER Ver.(引きカメラ・背面)
 https://youtu.be/0iPOkrx9aQY
(5)Part Switch ver.
 https://youtu.be/Q-1MgSRMxE8?list=PLk_UmMfvZDx0lIPNHNUOvVhhtR6uQAxbk

※再生リストSEVENTEEN FIRST ALBUM LOVE&LETTER - YouTube


4th*4「VERY NICE(アジュナイス)」

(1)MV
 [M/V] SEVENTEEN(세븐틴) - '아주 NICE'(VERY NICE) - YouTube
(2)Rooftop Ver.
 https://youtu.be/J44jvBZzFVY?list=PLk_UmMfvZDx1i2iJo4cXbY7wQ7uuw2y8F
(3)練習室動画
 https://youtu.be/A1gJQpMSkEU?list=PLk_UmMfvZDx1i2iJo4cXbY7wQ7uuw2y8F

※再生リストSEVENTEEN Love & Letter repackage album - YouTube

「VERY NICE」動画はこれからまだまだ増えるかも…!?



振付がユニーク&キャッチ―

私が、SEVENTEENにはまるきっかけはとにもかくにも振付でした。

ユニークさがわかりやすいのは「MANSAE(マンセ)」でしょうか。
youtu.be
のっけから謎のポンプ可動式だったり、バスケをしたり、だるまさんが転んだをしたり、
「校庭でめいっぱい遊んでる男子たち」みたいな振付が魅力です。

そうやって遊んでるように見せるために、この振りも計算しつくされてるんだろうなー。
すごい。これ作ってるホシくん*5すごい。


サビがキャッチ―

そして、サビにマネしやすいキャッチ―な振付がくるのも、SEVENTEENのいいところです。

1st「Adore U(アッキンダ)」は指さし

ライブで一緒に \あっ!きんっ!だっ!/ って指さししたい!

ちなみに「アッキンダ」とは「君を大切にするよ」という意味なのだそう。
客席にむかって指さししながら「大切にする!」って言ってくれてるんですよ。
ひゃーアイドル! いいね!


2nd「MANSAE(マンセ)」は、タイトル通り「万歳」

「好きなコと目が合った!やったー!ばんざい!」という意味。
K-POPアイドルがこれをマネしてる動画がそこかしこで見られました。
マネしやすいよねー。
「タイトル」と「サビ」と「振付」がすべて合致してるなんて、よくできています。
キャッチ―だー。


3曲目の「Pretty U(イエップダ)」ではうさちゃんピース

「イエップダ」は「きれいだよ」という意味。

すごく小さいところなのですが、
ピースを決めたあとに、ピースを閉じる+目を閉じるという細かい振りが入っているのもかわいくて大好き。


うさちゃんピースが似合う男、ユン・ジョンハン

タイトルに沿っていて、かつサビで、マネしたくなるフリというのは嬉しい!
サビに曲のタイトルが入っているわかりやすさも、徹底されてますね*6

気に入ったら、MVを見ながらマネしてみましょう~。

「わちゃわちゃ」と「ぴしっ」の気持ちよさ

これは私の趣味なのですが、
アイドルちゃんたちが「わちゃわちゃ」と遊んでいる要素と、
揃えるところは「ぴしっ」と揃えること
この2つを両立させたパフォーマンスを見るとすごーーく気持ちが良いのです。

ちなみにこの「わちゃわちゃ(乱調)」と「ぴしっ(収束)」の
ふり幅が大きくていいなあと感じたのは、「MANSAE」のPart Switch Ver.
youtu.be
遊びの要素を入れまくってるのに、
全員でそろえるところになると、ぴしーっとそろえてきます。
くーっ快感!*7


楽曲のさわやかさ!

SEVENTEENのリード曲は4曲ありますが、
どれも「少年のさわやかな初恋」がコンセプトです。

歌詞の日本語訳を見ると、そのさわやかさがより伝わるんじゃないかなと思います。

「Adore U(アッキンダ)」
youtu.be

「MANSAE(マンセ)」
youtu.be

「Pretty U(イエップダ)」
youtu.be

「VERY NICE(アジュ ナイス)」
youtu.be



レモン味の初恋…!

どの曲の主人公も、好きなコの前でどきまぎしているかわいい男の子です。
女の子の思い描く「理想の少年」像というか。

「りぼん」か「なかよし」で連載してそう!

メンバーもどこか二次元っぽいコがそろっていて、
パステルカラーの少女漫画の登場人物のような、
そんな世界観を実現させています*8

あちらでは「清涼ドル」なんて呼ばれてもいるそうです。





そんなSEVENTEENですが、ただいま初来日中!!

日本デビューはしていませんが、大阪と東京でサイン会とライブを開催!

私は、8月9日の中野サンプラザ公演に参加してきます。。。

そう、なぜこのタイミングでブログを投稿したかというと、
初コンサートを前に気持ちを整理したかったからなのでした。


たたたのしみーー!





1stミニアルバム

1stミニアルバム - 17 Carat(韓国盤)

1stミニアルバム - 17 Carat(韓国盤)

2ndミニアルバム
Seventeen BOYS BE 2nd ミニアルバム 【HIDE ver】( 韓国盤 )(限定特典3点)(韓メディアSHOP限定)

Seventeen BOYS BE 2nd ミニアルバム 【HIDE ver】( 韓国盤 )(限定特典3点)(韓メディアSHOP限定)

Seventeen BOYS BE 2nd ミニアルバム 【SEEK ver】( 韓国盤 )(限定特典3点)(韓メディアSHOP限定)

Seventeen BOYS BE 2nd ミニアルバム 【SEEK ver】( 韓国盤 )(限定特典3点)(韓メディアSHOP限定)

1stフルアルバム

Vol. 1 - First `Love & Letter' Love Version(韓国盤)

Vol. 1 - First `Love & Letter' Love Version(韓国盤)

1stフルアルバム リパッケージ
1集 - Love & Letter (リパッケージ) (韓国盤)

1集 - Love & Letter (リパッケージ) (韓国盤)

*1:正確にいうと、1stミニアルバム「17 CARAT」のリード曲

*2:2ndミニアルバム「BOYS BE」のリード曲

*3:1stフルアルバム「Love&Letter」のリード曲

*4:1stフルアルバム「Love&Letter」リパッケージ版のリード曲

*5:振付を作ってるメンバー。1996年生まれ

*6:AKB楽曲もそうですよね

*7:個人的にはこの遊んでるようでぴしっとそろってるところにハロっぽさも感じてしまいます。ハロヲタ、いいものを見るとすぐハロに結び付けがち

*8:そこがHey!Say!JUMPっぽいなと感じたりします。ダンスレベルの高さと少女漫画っぽいパステルカラーの世界観が

旅行・3日目<福岡・柳川>

12月24日(火) 福岡観光(柳川編)

後輩の実家にて起床。

目が覚めた時には、後輩はとっくに出勤しており、
朝ごはんを用意したお母さまが笑顔でおはようの挨拶をしてくれたのでした。
私なにさま…。


さてさて、この日は何をするか決まっていなかったのですが
朝ごはんをもぐもぐしていたら、仕事中のはずの後輩からメールが。
「柳川 → うなぎと川下りが有名です!」

なんていいコなんだ。。(涙)



というわけで、この日の予定は柳川観光に決定。
天神から特急(といっても特急料金なし。ビバ西鉄)に乗って1時間、
有明海にほど近い柳川に到着しました。

駅前で川下りの手続きをして、船着き場までバスでびゅーん。
f:id:fuka7:20140105145125j:plain
f:id:fuka7:20140105145545j:plain
冬にはなんとこたつ船がございます!
布団の下には何もないんだけど、これが意外と暖かい。

全体で70分もかかる川下りですが、せまーい橋をくぐる時は毎回盛り上がるし、
水上カフェが物売りにきたり、白秋の歌碑を読んだり、船頭さんの歌を聞いたり、
見どころはたくさんあります。

何より、陽だまりのなかを、
水面と同じ低さでぼーっと流れていくのが心地よかった。
ゆったりといい時間を過ごせました。
f:id:fuka7:20140105150606j:plainf:id:fuka7:20131224141422j:plain
f:id:fuka7:20131224142056j:plain
f:id:fuka7:20140105175934j:plain


さて、船着き場へついた後は、お目当てのうなぎー♪♪
http://instagram.com/p/iT-mmxGW7j/
でたー!鰻のセイロ蒸しだー!肝吸いと熱燗もあるぞー!
うなぎと日本酒♩♩*1
豪勢に鰻4切れの「上」を注文しましたよ。へっへっへ。

鰻もさることながら、嬉しいのはタレの染み込んだごはん!
一分の隙もなくタレが染み込んでいるのです! しかもほっかほか!

f:id:fuka7:20140105180147j:plain
ほれほれ!
どこまでもタレが染みこんでいて、白いごはんつぶが見えないでしょ?
あーーちゃいこーだねちゃいこー。

贅沢ごはんに舌鼓を打った後は、
北原白秋の生家と資料館を駆け足で見学し、
暮れなずむ柳川を後にしました。



12月24日(火) 福岡観光(イブの夜編)

さて、柳川から天神に戻り、改札を抜けると、
どこかで見た白い衣装の女のコたちが、、
え!?LinQ!??

なんと西鉄の改札を出たところで、
LinQちゃんたちがずらーっと募金箱を持って並んでいたんですね。

つい回れ右をしてしまいましたが、後輩と合流した後こわごわ戻ってみることに。
ファンが普通に募金したり握手したりしてる!
じゃ、じゃあ私たちも!
ということで、また山木あやのさんのところに行って握手してもらってきました(^o^)
わー緊張してわやわやだったわー。

何を話したのかあまり覚えていませんが、
終わった時に私の手に握られた「とおりもん」……
山木さんはなぜこれを私にくれたのでしょうか…?
なぜ募金の場でこれを持っていたのでしょうか??
謎が深まりますが、良い思い出です。*2



さてさて、そんな思いがけない幸運な出会いの後は福岡タワーへ。
せっかくのクリスマスイブなので、
クリスマスっぽいところに行きたいなと思ったんですよね。

f:id:fuka7:20140105182552j:plain
ばーん!クリスマスツリーになった福岡タワー。

f:id:fuka7:20140105182752j:plain
片側から見るとこんな感じ。


展望台からは福岡の夜景が一望できます!
ひゃー!ロマンチック!
これが、ベイサイドのクリスマス…*3
正確にはベイサイドと呼ばれる区域は別みたいですが、
とにかく寒いので上から見るだけに留めました。
http://instagram.com/p/iUADVaGW-f/
福岡の夜景


そのあとは、タクシーを拾って大濠公園へ。

ここでの見どころは広大な池にかかる光る橋でした。
http://instagram.com/p/iUAlidmW_f/
島から橋を臨む
http://instagram.com/p/iUAdmfmW_T/
池の真ん中に浮かぶ島

島から突き出た東屋もほらこんなにロマンチック。
静かで落ち着いていて渋めのデートスポットでした。
ちょっと不倫ちっく。


いやー、きれいなイルミネーションを2か所もめぐって、
クリスマスイブ堪能したね。


博多に戻って、水炊きの有名店へ。
これがおいしかったー!
何が違うのかわからないが、とにかくおいしかった。
http://instagram.com/p/iUA1e0GW_9/
店員さんが鳥団子つくってくれる

「華味鳥」という東京にもあるお店らしいので、
機会があったらまたいこーっと。


よいクリスマスでした♪


あ、ケーキもチキンも食べてなかったね。

*1:冬だから熱燗にしたけど、これは冷酒か常温にしとけばよかったなーと反省。 なんてったってせいろごと蒸してあるので、 掘っても掘ってもご飯がアツアツなのです。 だから、冷たいお酒で温度差を楽しむのもありだったなーと。

*2:翌日、広島にてヲタ友達と美味しくいただきました

*3:LinQの「きもち」を聞こう!

旅行・2日目<福岡>

12月23日(祝・月) 高松 → 博多

ホテルで朝食を食べた後、
友人夫婦に高松駅まで送ってもらい、ここでお別れ。

いやー、急な申し出に快く応じてくれてくれた上、仲良くしていただき、
とても楽しい時間を過ごすことができました。

瀬戸内海ドライブや、うどん屋探しは車がないと楽しめなかったことなので、本当にお世話になりました。
ありがとうございます!



さてさて、別れを惜しみつつ、
私は次なる目的地、博多を目指します。

f:id:fuka7:20140105014304j:plain
f:id:fuka7:20140105014144j:plain

快速マリンライナーに乗り、
瀬戸大橋にテンションだだ上がり!
瀬戸内海のすべてが珍しい!

岡山で山陽新幹線に乗り替えて、13時には博多へ到着。
移動時間は2時間半程度でしょうか。



博多では、大学の後輩がお出迎えしてくれました。

きゃー!久しぶり―! って、12月頭の忘年会で会ってるわ。
彼女が東京にいた頃はちょくちょく会っていましたが、
福岡の実家に帰ってしまってからめったに会えなくなっていたので、嬉しいものです。


さて、博多から天神に移動し、シャレオツなお店で昼から乾杯。
f:id:fuka7:20140105133518j:plain



あれやこれやと話に興じたのち、
ベスト電機に移動して、LinQのクリスマスイブイブ公演に参加しました。


らぶいんきゅーしゅー こと LinQのホームライブに参加するのは初めて!
というか単独ライブさえ初めて。
無料イベントや合同ライブで何度も見てはいるものの、
初めて見るメンバー、初めて聞く曲がほとんどでした。

しかし、しょっぱなが、
「チャイムが終われば」「for you 」「きもち」
と好きな曲が3連続だったので、一気に引き付けられました!

その後も、大人組がしっとり歌い上げたり、
かと思えば「真っ赤な鼻のトナカイ」を歌いながらのお遊戯タイムがあったりと、
緩急つけた、飽きさせないライブ。

衣装も、サンタコス→白衣装→私服風(クリスマスカラー縛り=赤・白・緑)と
ころころ変わって嬉しかったです。


公演後はチェキ会&サイン会が催されるとのことで、
せっかくなので参加してきました!

私が行ったのは、この2人
http://instagram.com/p/iT6cQpGWzu/
LinQクリスマスイブイブ公演行ってきました!智聖さんとあやのんの物販にも参加したー!

どちらもこの時初めて知ったコだったんですけど、ダンスに引き付けられて!


智聖さんは「チャイム~」の教師役で、わ!美人さんがいるーと気づいて。
表情も大きくて華やかだし、ヒップホップ風のダンスがこなれていてかっこいい。
物販行く前はクールな人なのかな?と怖気づきましたが、
話してみたらさばさばしたお姉さんで優しかったです。


山木あやのさんは、最初の3曲でやたら顔を客側に固定してるコがいるなと思って。
首から上と首から下が、別個に動いて見えたんですよね。
小柄で目が大きくて、きゃわーな外見なのに、
意外とごつめのダンスしようとしてるのが、みょーに気になって。
物販の時に聞いてみたところ、やっぱりダンス経験者だったんですね。
どうりで。
「赤い鼻のトナカイ」での小芝居も、ノリが良くてかわいかったです。


不慣れで周りのファンの方々に助けてもらいましたが、
おかげで、ライブも物販も楽しむことができました。


後輩はアイドルライブ自体が初体験だったものの、
ライブ終了後には「握手してみたいです!」とノリノリで物販にも参加してくれたので、
先輩としてはほっと胸をなでおろしました。
よかったよかった。




ライブ後は、福岡に転勤していった大学の後輩も合流し、
彼おすすめの居酒屋で久しぶりの再会を祝したのでした。
f:id:fuka7:20140105142327j:plain

嬉しいね!

旅行にいってきましたー 1日<高松>

昨年末にふらっと旅行に行ってきました。

というのも、昨年夏から行っていた求職活動が急に終わりを迎え、
ずっと行きたかった国内ふらっと旅に出るなら今しかない!
という状況になったのです。

内定をいただいたのが12月18日で、
契約&忘年会で再度会社を訪問したのが12月20日。
東京を出発したのが12月22日でした。

12月22日(日) 東京 → 高松

出発日は決まっていたものの、
1日目にどこに行くかは前日の夜まで決まっていませんでした。

大阪でNMBを見るか、宝塚を見るか、吉本を見るか、どれかにするかなーと。
しかしNMBの公演にはずれ、大阪の気分でなくなった私は急に思い出したのです。
「三重に遊びにおいでよ」と言う友人の存在に。

しかし、人様の家を訪問するにしては前夜のアポは急すぎる。
しかししかし、まーーー……聞くだけ聞いてみないとでしょう。

というわけで、ダメ元で友人にメール。
返事を待つこと1時間後に入った留守電にはこんなメッセージが…
「明日、讃岐にうどん食べに行くことになったから、ななさんもよかったらどぞー」

うん?
よくわからないが、とりあえず一緒に行ってもいいらしいことはわかったので、
「ご一緒させてください」と返事をしたところ、
何時の新幹線に乗るか、どこのホテルに泊まるか、
すべてその場で指定していただけたので、
これ幸いと乗っかることにしました。

この時点で前日の22時。

パスピエLIVE観覧後の、赤坂の居酒屋で起こった出来事でした…。



というわけで、プロローグが長くなりましたが、
12月22日の朝は寝坊。
10時半発ののぞみに乗り遅れたため、20分後に乗り、
13時20分に新神戸にとうちゃーく。

ここで三重から車でやって来た友人夫婦に合流します。

だんなさんとは初対面でしたが、
ってか新婚夫婦の旅行に同行してよかったのか?
という疑問がこの時頭をかすめましたが、
「いやー、ななさんのノリがよくてよかったよー」
という友人の第一声で、まあいいかということにする。
いやいや、それはこっちのセリフですよ。

どうやら、私がメールを送った30分前に讃岐に行くという話になっていたらしいので、
そちらも突発的な旅行だったのね。
こんなことでもないと、讃岐に行こうなんて考えもしなかったので、貴重な機会です。


というわけで、新神戸から高速に乗って明石海峡大橋を渡り、淡路島を縦断、
鳴門海峡を渡って四国に突入です。

f:id:fuka7:20140105013026j:plain

見慣れぬ瀬戸内海の風景に、テンションはだだ上がりです!!
しま!しま!しま!
これが明石か! これが淡路か! これが鳴門の渦潮かー!

淡路島は神様が一番最初につくった陸地との豆知識を知り、
神々の島の景色を堪能しました。

2時間ほどのドライブの後、高松に到着。
おやつの時刻ですが、うどんを食べなければ始まりません。

おいしそうな店を探した結果、たどり着いたのはここ↓
f:id:fuka7:20140105010532j:plain
「もり家」というお店。
ここで私はぶっかけうどんに、半熟卵天と梅干天ぷらを注文。
おいしかった!
だし汁がとにかくおいしくて、ごくごく飲んでしまった。
塩分……、まいっか。
f:id:fuka7:20140105010803j:plain


夜は高松市街にとっていたホテルに荷物を置き、近くでやっていたお祭りを散策。
なんでも、高松では年に4回お祭りが行われているらしく、
この時のお祭りはその名も「高松 冬の祭り」
ネーミングに一切のひねりなし。

地酒や屋台やイルミネーションを堪能して、高松の夜は更けていったのでした。

あーおいしかった。



f:id:fuka7:20140105011824j:plain
f:id:fuka7:20140105011908j:plain
f:id:fuka7:20140105011857j:plain
f:id:fuka7:20140105011837j:plain

アイドル楽曲大賞2013に投票しました

アイドル楽曲大賞

やってきました、ハロプロ楽曲大賞およびアイドル楽曲大賞の季節!http://www.esrp2.jp/ima/2013/

投票したので、ここに載せておきますね。


■1位 [「アイドルばかり聴かないで」Negicco(3)


Negicco / アイドルばかり聴かないで MV(full ver.) - YouTube

傑作!!

どんなにお金を積んでもあのことはデートできないし、
普通の人はCDなんてもう買わなくなったけれど、
それでも私たちは、せっせとアイドルCDを買うのです。

なぜなら、そこにプレジャーがあるから!!

そんな己の姿をステージ上から歌われて、
嬉々として「ざんねーん!」と叫ぶ観客たちの姿に、
アイドル現場の魅力がつまっていると思います。

ドルヲタでよかったなー!


■2位 「恋するフォーチュンクッキーAKB48(2.5)


【MV】恋するフォーチュンクッキー / AKB48[公式] - YouTube

「未来はそんな悪くないよ」と歌われるのが、こんなに心地よいとは。

日常のふとした時に口ずさんでふふっとなれるんですよね。
ビバ肯定感。

かつては、日本の未来は世界もうらやむと歌われて、それはいぇいいぇいな気持ちになっていたものですが、
今はこういう気分なんでしょうかね。
偶然か必然かSMAPの「Joy!!」と世界観が似ています。


そして、この曲の特徴は良い意味での中心の不在。

今年の総選挙の結果を反映した曲ですが、
MVを見てわかるように、1位のさっしーに使われる時間はそんなにない。
映るのは、全国の一般ピーポーたち。
老若男女が踊る踊る踊る。
そこに広がる笑顔の輪!和!WA!!

へたっぴだろうが、サマになってなかろうが、
みーんな気持ちの良い笑顔で、楽しそうーに踊ってるんですよね。
パパイヤ鈴木の作る、全国民が一緒に踊れる振付というのは大正解だったなあと思いました。

前田敦子という中心を失った、AKB48の現在の状況と、
日本全体の雰囲気の両方を昇華した、2013年だからこその名曲なんじゃないでしょうか。


(個人的にMVの3:25を無限リピート)

■3位 「SUPER MCZ TOKYO」ライムベリー(2)


ライムベリー - SUPERMCZTOKYO(PV) - YouTube

待ってましたの音源化!

とにかく「We will we will さらにROCK YOU!」が気持ちよくって!
一緒にバーンとやりたいんです!
にゃんにゃーんと手を叩きたいんです!

すばらしくかっちょいーファンキーな演奏の上にのっかる、ぺたっとした少女のラップ。
かわいい声ながら、絶対にはずさない、ぱしっとキメてくれる心地よさ!
MIRIちゃん(赤のコ)ラップうんまいなああ。

個人的にはこの曲がライムベリーの代表曲なんじゃないかなーと思ってます。

MVもさいっこう!


原曲である「クラップ・ユア・ハンド」を知れたこともよかったです。
世の中にはこんな世界があったんだなあ。

■4位 「だいじょばない」Perfume(1.5)


だいじょばない.wmv - YouTube

歌詞に意味ないヤスタカだいすっき!

頭をつかわずぐわんぐわんになれる、
明るさとクールさを両立しているところが好きです。

あとは振付!
かっこいいばかりでなく、まぬけ成分が入っているところに惚れました。

■5位「カモネギックスNMB48(1)


【MV】カモネギックス / NMB48 [公式] (short ver.) - YouTube

性的、ぎらぎら、和テイスト
というのが、私の考えるNMBの特徴だったのですが、
それを濃密に、さらに上品にして、期待の何段か上の形にしてもってきてくれました。

クラブミュージックに舞う遊女
惚れるも地獄 惚れられるも地獄 色がなければ生きてもゆけぬ

そんな世界観を可能にしているのは、
ひとえにセンター兼リーダーの山本彩の存在が大きいのではないかと思います。

ダンスでもそんなさやねえが光っています。
えろい、艶っぽい、かっこいい……

さや姉のダンスみてると、どうしても
「こいつ、ベッドの上でも最高の声で鳴くんだぜ…」という気分になってしまいます。
囲ってる愛人を観察する目線です。
さやねえさいっこうだな…。

ROCK IN JAPAN FES. 2013 8/3(土) <その4>

フェス RIJ2013

パスピエ】WING TENT

f:id:fuka7:20130814175605j:plain

日も傾いてきて、落ち着いた頃に

ついに私の大本命、パスピエの時間です!

 

しかしWING TENTは小さい…。

会場に入れなくなる可能性が高いので、前の出演者が終わるのを待って入場し、

なんとか前方エリア下手側に着地。

リハからがっつり楽しみました!

 

セトリはこちら(MCのタイミングはうろ覚え)↓

(0.リハなにやったか失念)

 1.フィーバー

 2.はいからさん

 3.チャイナタウン

 -MC-

 4.最終電車

 5.電波ジャック

 -MC-

 6.S.S

 

このパスピエに出会ったのは、昨年のクリスマス、

2012年12月24日に行われた「unBORDE X'mas PARTY」でのこと。

これは、今を時めくきゃりーぱみゅぱみゅRIP SLYMEの所属するレーベルのライブだったのですが、

初めて見たこの「パスピエ」がみょーに引っかかった。

 

普通のバンドってボーカルが真ん中にいて、

それを囲むように左からベース、ドラム、ギターって、だいたい立ち位置が決まってるじゃないですか。

パスピエの場合はこれにキーボードが加わる)

なのにその時のパスピエは、ボーカルがやたら左端にいる。

ベースと同じくらい、いやベースより左端にいたような。

 

……なんだこの、森のオーケストラと指揮者みたいな立ち位置。

ボーカルが指揮者か。

それで楽器隊の中心はキーボードか。

そういうコンセプト??

 

そこから引っかかったのですが、さらに引っかかったのがボーカルのビジュアル。

遠目からでも目立つ黒髪ロングのストレートに大きな目。

白いスカート、白いノースリーブ、白いファーストールから枝のように伸びるほっそい腕。

妖精?

 

そしてその容姿から繰り出される独特の陶酔した動き。

むんむんと香り立つ不思議ちゃん臭。

(当時の自分のつぶやきを見たら、

 もっと気持ち悪く!目指せ岡村ちゃん!って言っている…笑)

 

しかし、立ち位置はステージ左端。

基本的にスタンドマイクの前から動こうとしない。

のに、動きの一つひとつに妙な華やかさがあって目が離せない。

 

って、目立ちたいんか目立ちたくないんかどっちだよ! 

 

とまあ、ボーカルの存在感が強く印象に残り、

かつ、曲も脳内にこびりついたので、

ちょっと追っかけてみたい!ということになったんですね。

 

そこから、シングル1枚、アルバム1枚が発売され、ますます好きになっていたので、

今回、フェスのステージで見れるということが楽しみでしょうがなかった!

 

 

……って前フリ長いな。

自分語り長いな自分。

 

 

それは容赦してもらうことにして、

RIJでのパスピエは、

 熱かった!

 

前方エリアにいたからか、はじまった瞬間からもうもみくちゃで

正直あんまり覚えてない。

 

ついでにいうと、ブログ更新をこんなにほったらかすと思ってなかったから、

ますます記憶もあいまいだ。

 

こんなブログに何の意味があるのか疑問に思いつつ、

それでも残る断片を記しておくと、

 

・ボーカルが攻めてた。もう左端の妖精じゃないんやで!

・ベースのイケメンとギターのイケメンが好対照でいいね。

・キーボードとギターが汗だくでニヤッとしてたのが印象的。

 

ボーカルは何か変化があったのかな。

フェス前に4回ほどライブを見に行きましたが、

左端のスタンドから離れ、真ん中や右端に来るようになってました。

逆にあの左端はいったいなんだったんだ。謎。

 

フェスではさらに「攻め」を感じたし、

華は相変わらず、いやますます磨かれているので、

これからこのボーカルがどう変化してくのか、面白いなあと思いました。

あの陶酔した動きをもっと見たい!

 

ベースとギターは、イケメンなんですよ。

ベースはあまり背が高くなくて、かわいい系の容姿。

しかし寡黙で硬派っぽくて(私の印象)、ベースをかき鳴らす姿が非常に男っぽい。

で、対するギターは長身長髪ちょっとちゃらそうな外見のイケメン。

これが左端、右端に位置してるのが絵になるなーと。

って、気づくのが遅いけど、

それまでずっとボーカルの動きばかり目で追ってたから、やっと気づいた。

 

あとは、最後の「S.S」で見かけた光景。

もう、「S.S」では客席の盛り上がりが半端なかった。

サビで一緒に「えす!えす!」と叫ぶんだけど、

客はみんなヒューズとんでもみくちゃのわやくちゃ。

 

そんなフロアを見渡して、キーボードが噛みしめるような表情をしてたんだけど、

2番のちょっと静かになるBメロ、言いーたいー言えーないー♪のとこだったかな、

キーボードが汗だくで振り向いたら、これまた汗だくのギターと目が合って、

そこで2人でニヤッとしてたんだよね。

それはもう、充足感をたたえた笑顔で。

 

よかったねナリハネ!

芸大のピアノ弾きが、フェス見てバンドやりたいってんで立ち上げたんだもんね!

フェス最高だね!フェス!

 

私が見た数回のライブでは、

このキーボードは合間に手拍子をあおったりする役も担ってたんだけど、

7月の横ブリや、このRIJでは客の手拍子が自然に発生するようになっていたのね。

手拍子の鳴り響くフロアを見渡すキーボード。

その目にはうっすらと涙が……とまではいかないけれど、何かを噛みしめる表情が非常に印象的でした。

 

そんな湯気が出そうに沸騰した「S.S」

ギターとキーボードは汗だくで笑みを交わし、

ベースとドラムは真剣な顔で何度もアイコンタクトを取りながら最高潮へと押し上げ、

そんな後ろの男たちのことは目もくれず、ボーカルは我が道をゆく。

 

って感じで、

最高に盛り上がって、血流が沸騰して、跳びまくったライブでした。

 

 

 

https://ro69.jp/quick/rijfes2013/detail/86250

 

 

あ、ここで帽子なくした。

 

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION】GRASS STAGE

BUMP OF CHICKEN】GRASS STAGE

パスピエ終了後は、やりきった感が強く、

巨大ステージの後方でだらだらしながらアジカンを眺めてました。

がんばらなくても、生歌・生演奏を堪能できるフェスっていいもんですね。

 

バンプの前に友人たちと朝以来の全員集合をし、

一緒に花火を見て、私の夏フェスは終わりました。

 

あ、バンプの生歌がきれいすぎてびっくりした。

こ、こんな純粋な生き物がこの世にいるんですかぁ…って感想。

信者がいるのがわかるね。

 

 

以上、夏フェスは最高だよ!ブログを終わります。

楽しかっぱ!